電話でのお問い合わせ03-4362-9619

お問い合わせ

自宅を購入し開業する際のポイント

憧れの自宅兼用店舗を購入しペットトリミングサロンやホテルを開業しょうとお考えの皆様へ!物件購入する際の目線とポイントについてお伝え致します。

意外と見落としやすい重要な要素とは?

 

 

 

ペットサロン外観イメージ

自宅開業のデメリットとその対応策

店舗の場所を選びにくい

売り上げに大きく影響する要素である立地を選べない点は、自宅開業のデメリットといえるでしょう。

通常、物件を借りる・購入して開業する場合は、下記の要素を基準に立地を考えます。

・地域 の人口や世帯数
・周辺地域のトリミングサロンの開設数
・複合施設やペット関連のスポットの有無

そのため、自宅周辺の条件を確認し、開業に向いていないと判断した時には、店舗経営を視野にいれるとよいでしょう。

家族や近所の理解を得る必要がある

動物を扱う以上、匂いがつく・毛が落ちるといった点は無視できず、自宅を改装するとなれば、家族がプライバシーを保って過ごせるスペースにも影響します。家族内や近所に動物アレルギーの方がいるとトラブルになる可能性もあるので、事前に相談し、十分な理解を得ておかなければなりません。

自宅開業に必要な準備

自宅開業の場合、物件を選ぶ必要がなく、改装も必要最低限に抑えられますが、それ以外の準備は店舗の場合と同様です。ここでは、自宅サロン開業時の準備についてご紹介します。

開業資金計画をたてる

自宅開業では物件の費用がかからないとはいえ、開業にかかる費用は決して安くありません。着実に開業準備を進めるには、「資金計画」が必要です。

以下の例を参考に、開業にあたって“いつ”、“どれだけの金額が”、“何のために”必要なのか計算しましょう。

・開業に向けた自宅の改装費用
・チラシやショップカード、ホームページ維持費用などの広告費
・シャンプーのような消耗品の費用
・スタッフ雇用関連費用
・開業後しばらくの経営資金

これらをざっくりと計算し、“いくら必要なのか”、“どのようにそのお金を調達するのか”、などを書き出し、計画を立てましょう。

積極的な広報活動を行う

個人経営のトリミングサロンでは、チェーン店のような規模を活かした知名度・集客は難しいもの。お店の場所を知ってもらうため、最近ではインターネットを通じてのアピールが効果的です。ホームページがあると、お客様が営業日程や取り扱っているメニューを確認しやすくなります。

そのほか、定期的に割引クーポンを配布する・ブログを開設して犬やカットについてのコラムを更新するといった工夫も、利用者に親しまれるポイントです。

施術のためのリフォームをすませる

自宅開業するトリミングサロンでは、周辺地域の方々が主要なお客様になる場合が多くなっています。周囲の方々に迷惑をかけないよう、防音対策やにおい対策のリフォームは早めに済ませておきましょう。また、床材の種類によっては消毒剤で劣化する場合もあるので、薬剤の影響を受けない強いものに替えるといった対策も求められます。

まとめ

物件取得の費用がかからず、家事や子育てとの両立がしやすい自宅トリミングサロン。通常の開業と比べて働き方の自由度が高く、資金調達のハードルも低いため、人によってはかなり開業しやすいといえるでしょう。しかし、改装や準備には時間とお金がかかり、自宅開業ならではの難しさもあります。さまざまな開業方法について情報を集め、自分の状況に最も合ったスタイルを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

一覧に戻る